この運営ブログのリライトを初めて実施したということを先日記事でご紹介しておりました。ブログタイトルにある通り、このブログはdtn.jpの各種サイトの運営報告用にやっていただけですので、これまでは各サイトのお知らせをする程度でしか記事を書いておりませんでした。

このため、記事数も13年間で180記事程度しかありませんでしたし、文章や構成も滅茶苦茶だったりしていたものの、お知らせ程度の存在ということもあり、読み返す、リライトするなんてことは一切やっておりませんでした。

その180記事を先日初めて一気にリライトしておりました。

そのリライトしたタイミングで、記事内にサイト名の表記があった場合には、しっかりリンクをはるといったことも合わせてやっており、結果としてブログ経由にリンクを短期間で多数張るといった形になってしまっておりましたが、どうやらそれが原因で、キーワード検索の順位が一気にダウンするといった現象が発生してしまっておりました。

この記事では、リンクの多数設置によって発生したキーワード検索順位の下落状況と、その原因について検証した結果をご紹介したいと思います。

ブログ記事のリライトで問題発生

先日実施した、この運営ブログの全記事一斉リライトについては、こちらの記事にまとめてあります。

13年間で180記事程度しかない運用ブログでしたが、読み返すと文章もかなりおかしなところが目立つ記事ばかりだったので、一カ月かからない短期間に、頑張って一気に全記事リライトをしてしまっておりました。

リライトからまだ一カ月程度なのでアクセス数に大きな変化はないものの、セッション数、ページビュー数、平均セッション時間が数カ月前より若干増えておりましたので、しっかり構成した記事の方が、読者の皆さんにもGoogleにも好まれるということなのかもしれません。

リライト時にリンクを設定した

この記事リライトの際に意図してやっていたことが一つありました。それが運営するサイトへのリンクの設定でした。

サイトの運営報告用ブログですので、各記事では運営サイトに関する様々なできごとを書いていることが多いのですが、元々の文章に「ディレクトリ型検索エンジンdtnの検索結果は~」といった感じで記載があっても、リンクを設定していないことがほとんどでした。

このため、サイト名部分にはしっかりリンクを入れるようにしておきました。

このときは、内部リンクも増えて良いだろう程度に考えておりましたが、どうやらこれが問題の原因だったようです。

全記事でサイトへのリンクをきっちり設定した
「サイト名」にはリンクをきっちり入れておきました

キーワード検索で順位が下落

ブログの全記事リライトが終わってしばらくした頃、一部キーワード検索で検索順位がズルズル落ちていることに気が付きました。

例えば、「ディレクトリ型検索エンジン」といったキーワードで「ディレクトリ型検索エンジンdtn」の順位を見てみると、結構な勢いでランクダウンしてしまっておりました。

普段は検索結果1~2枚目にいるのが普通でしたが、一気に7~8枚目くらいまで吹っ飛ばされてしまっており、ここまで激しく一気に落ちるとなると、Googleのコアアップデートによる変動というよりは何かしらペナルティを受けたということはすぐに気が付きました。

見にくくてすみませんが、下にサーチコンソールにログインした状態のGoogle検索結果を付けましたが、「ディレクトリ型検索エンジン」で調べた際の平均掲載順位は+1.0落ちたと表示されています。1.0というものがどういった数値かが分かりませんが、表示回数が50%程度クリックが30%近く落ちているとでているので、結構な下落ということが分かると思います。

リンク先となる各サイトの検索順位が急激に落ちた
検索キーワードで顕著なランクダウンが発生

一気に下落はしたものの、期間中にサイト自体に何も手を入れておりませんでしたので、原因は外部的なものということとは思いました。

被リンクの急増で検索順位が低下

外部の要因として即思い当たったのがこのブログのリライトでした。

180記事のうち90記事程度はディレクトリ関連の記事だったため、サイト名の「ディレクトリ型検索エンジンdtn」でリンクを追加しましたが、どうやらこれがマイナスに影響してしまったということだったようです。

aタグのアンカーテキストは「ディレクトリ型検索エンジンdtn」でほとんど設定しておりましたが、10年間リンクもなかったブログページに一斉に同アンカーテキストでリンクを張ったこともあり、意図的なバックリンク設定と思われてしまったようで、サイトの評価を一気に低下させてしまったということだったのかもしれないです。

たったこれだけでこんなに影響が出るところをみると、今でも検索エンジンにとっては被リンクはかなり大きな影響を与える指標ということなのかもしれません。

リンクに関してやってはいけないこと

PageRankが公開されていた2000年前半頃では、バックリンクを集めるだけで検索結果に上位表示をさせることができたため、姉妹サイト・相互リンクと一本でもバックリンクを増やそうと躍起になっていましたが、ここまで検索エンジン側がリンクに対して神経質になっているとなると、へたなことはやらない方が良さそうです。

サイトの検索ランキングに悪影響を与える可能性のあるリンクについてはGoogle側で事例紹介をしてくれていましたので改めて確認をしてみました。

リンクの売買はNG

PageRankやバックリンクを提供する目的のリンク売買は原則禁止となりました。かつては、人気サイトになると広告枠を売買するといったこともありましたが、もしリンクを売買したいといった場合には下記のようなタグを設定すればペナルティの対象外とはしてもらえるようですが、やはりリンク売買は避ける方が無難のようです。

<!-- 推奨の方法 -->
<a href="https://〇〇〇.com/" rel="sponsored">

<!-- かつてのやり方、今は上記を推奨 -->
<a href="https://〇〇〇.com/" rel="nofollow">

今は有料リンクの通報窓口もGoogleに用意されているので、お金を稼ぐのであればアドセンスをやる方が安全ですし、逆にお金を出してアクセスを買いたいのであればGoogle広告にかける方が良さそうです。

過剰なリンク交換、相互リンクのみのサイトはNG

2000年代はじめに流行った相互リンクだけを提供するようなサイトは、低品質なサイトとされたため、そこからリンクがあったとしてもペナルティやマイナス評価を受けるだけとなります。

大規模な記事マーケティングなどはNG

いわゆるステマ記事のような形で、こういった内容に沿った記事を書きつつこのアンカーテキストでリンクを張ってといったことを大規模にやってしまうと、先ほどご紹介した有料リンクと同じような形でペナルティやマイナス評価を受ける可能性があります。

プログラムによる自動生成リンク

人の手を介さない、プログラムによるコンテンツの自動生成に対して非常に厳しいGoogleですが、リンクの生成についても同じように厳しいチェックをしています。APIで数千ページを一気に生成してそこからリンクを作成といったことをやっても全く意味がないどころかペナルティを受ける可能性があります。

リンク設定が義務付けられたサービスはNG

テンプレート利用や画像利用にあたりリンクを義務付けるといったことをやってしまうと、品質ガイドライン違反となる可能性があります。結構やっているサービスがありそうですが、先ほどご紹介した有料リンクの通報窓口などから連絡をされるとペナルティを受ける可能性があります。

プレスリリース等に仕込む作為的なアンカーリンク

個人ではあまり当てはまるパターンが少ないと思いますが、他のサイトに提供するプレスリリースや記事の中に、意図的にキーワードを含むアンカーリンクを設定したりすると品質ガイドライン違反となる可能性があります。下記の下線部のような作為的なリンクを含んだ状態でプレスリリースを配信するとNGです。

市場には多くの結婚指輪が流通しています。結婚式を挙げるなら、最高の指輪を選ばなければなりません。ウェディング ドレスの購入も必要になります。

Googleが提示する参考例

質の低いディレクトリやブックマーク サイト

ディレクトリ型検索エンジンを運営している私としては最も気になるポイントですが、人の目を介さない自動登録型のディレクトリ型検索エンジンなどは確実にこれに該当すると思いますので、登録してもペナルティやマイナス評価を受けるだけなのでやめた方が良いでしょう。

10年以上前に中小ディレクトリに対してGoogleが一斉にペナルティを与えたことに関して記事を書いていましたので、よければこちらもご参照ください。

ウィジェットやブログパーツに埋め込んだリンクはNG

せっかく作ったウィジットやブログパーツにリンクを埋め込んでしまうと、品質ガイドライン違反となる可能性があります。これも結構見られますが、前述の有料リンクの通報窓口などから連絡をされるとペナルティを受ける可能性があります。

フッターやテンプレートに埋め込まれて配布されるリンク

無料の配布テンプレートなどにはよく見られるものですが、テンプレートにリンクを張って大量配布したりすることは品質ガイドライン違反となる可能性があります。

掲示板やブログコメント等に含めた作為的なリンク

ブログコメントや掲示板投稿に不自然にリンクを含めてしまうと、品質ガイドライン違反となる可能性があります。

ありがとう。とても参考になりました。
– ポール

ポールのピザ サンディエゴのピザ サンディエゴで一番のピザ

Googleが提示する参考例

おわりに

ブログのリライトからブラックハットSEOの実験をやってみたようなことになってしまいましたが、急な検索順位の下落から二週間程度たった今では、検索順位も多少は元に戻りつつあるようでした。

Googleが不正リンクチェックに通報窓口まで設けて神経をとがらせる世の中なので、10年前の感覚で気軽にリンクを大量に張って自爆するようなことがないよう気を付けたいと思います。

リンクは編集者による人気投票のようなもので、役に立つコンテンツを多く提供するほど、そうしたコンテンツが自サイトのユーザーにとって有益だと気付く人が増え、そのサイト コンテンツへのリンクを設定してもらえる可能性が高くなります。

Googleが提示するリンクに対する考え方