かつては日記ブログのような記事ばかり

このdtn.jp運営ブログはディレクトリ型検索エンジンdtnや他運営サイトの報告用に運営しておりますが、ブログ開設から13年経ってもまだ180記事程度しかないため、いまだブログを書くのには慣れることができておりません。

そんな筆不精の私が開設当初に書いていた記事がどのようものだったかというと、何かしらのテーマに沿った記事をかいてはいるものの、文章は日記帳の雰囲気で、しかも、今なら当たり前になった見出し(H1~H6)で記事を章立てして構成するといったことすらやっていなかったため、何を言いたいのかもよく分からないといった状態のものばかりとなっておりました。

多少ブログを書くのに慣れてきた

あれから13年がたち、やっとブログをテーマに特化した形で章立てして書けるようになってきましたが、まだまだブログ書きは苦手というのが実情です。とはいえ、一記事の文字数もだいぶ増やすことができてきたので、ブログ全体の雰囲気も多少はコンテンツが豊富な雰囲気に変化をさせることができてきたとは思っています。

テーマに特化した記事は検索流入がある

それもあってか、最近一部の記事に対する検索からの流入が多くなることがありました。

例えば、dtn.jpの検索でTwitter APIを使ってツイートデータを表示させたことを紹介した記事などは、cowitterライブラリを使ってTwitter APIからデータ取得する方法も書いたこともあり、dtn.jpに全く興味もない、Twitter APIに興味がある方からの検索流入があるため、意外と人気記事になっていたりしました。

日記ブログをテーマブログ風にしてみる

ブログの記事構成をテーマブログ風にした方が検索流入が期待できるようですので、これまで書いたブログ記事についても、せっかくなのでリライトをしてみることにしました。

テーマブログ風にするために必要なこと

日記ブログを記事テーマに沿った構成に変えるためには、文章構成全体の見直しも必要そうです。

というのも、これまでの記事書き始めでよくあったパターンは「最近ドタバタしていて更新ができていませんでした~」といった書き出しになっているものばかりだったので、記事をかなり読み込まないとTITLEに設定した記事テーマに該当する文章には辿り着かない状態となっていたからです。

そこで、その記事内にどんなことが書かれているかをぱっと見でも分かりやすくするために、記事に目次を設置してみることにしました。合わせて、日記調のだらだら書いた文章を読みやすくするために、コンテンツの読みやすさを高めるための工夫も考えてみました。

そこで、とりあえずWordPressにプラグインを2つ新たに追加してみました。

Table of Contents Plus

目次を自動生成するプラグイン Table of Contents Plus

H1~H6の見出しを自動的に目次として生成してくれるプラグイン「Table of Contents Plus」を追加してみました。これにより、文章に見出しを入れて記事を書いておけば、リンク付きの目次が勝手に記事トップに設置できるようになりました。

Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)

エディター機能を拡張するプラグイン Advanced Editor Tools

Gutenbergエディタで文章に下線(アンダーライン)を入れたり、打消し線を入れたり背景色を付けてハイライトをするといったことを、もの凄く簡単にできるようにするプラグイン「Advanced Editor Tools」も追加をしてみました

特に、このハイライトを引くという機能が便利で、太字で協調するよりもハイライトを引いた方が分かりやすくて、コンテンツの読みやすさ向上にも役立ちました。

過去記事のリライトを始める

日記調となっていた過去記事に章立てを追加しつつブログ記事のリライトをスタートしました。記事数は180記事程度しかなかったものの、ブログ開設をした2007年8月からリライトというものを一切やっていなかったので、かなり重い作業になってしまいました。

テーマブログに感情表現は不要

日記帳に記事を書いていたこともあり、感情表現として顔文字をかなり多用していましたが、十数年経って読み返すとかなり恥ずかしい感じがしてしまったので、顔文字も全部取り去ってしまいました。

(^_^;)
(^△^;)
ヽ(^▽^;)ノ
m(T-T )m

10年前頃に気に入って使ってた顔文字たち。懐かしいです。

読者に対しても記事内容の信頼性を下げるだけとは思いますので、感情表現はそこまで入れなくても良さそうです。

それと、Googleのページ品質の評価ガイドラインでは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)といったE-A-Tを最近は重要指標としているようですので、文章に冷や汗(^△^;)ばっかり書いた記事ばかりだと評価を下げたくなるかもしれないですので。

リライトにより新たな流入が発生

2008年頃にはPageRankが6や9になる謎現象も記事にしておりました。結構珍しい現象だったと思いますが、ブログの文章構成が最悪だったこともあり、これまでこの記事に対するアクセスなんてほとんど発生もしておりませんでした。

ところが、「PageRank9」とかのキーワードで記事が突然ヒットするようになったようで、リライト後に海外からのアクセスが少しずつ増えたりして、さっそく検索流入が増え始めているようでした。

それにしても、まだ海外ではPageRankを調べている人がいるのでしょうか??

リライト後のアクセス変化

先ほどのPageRank記事以外にも、これまでアクセスが全く発生していなかった2010年以前の記事にも多少アクセスが発生し始めておりました。セッション数で目に見えて変化が出るといったことはまだありませんが、アイキャッチ画像をしっかり入れたことも影響したのか、ブログ全体でも直帰率が下がって滞在時間が増え始めておりました。

おわりに

ブログ開設から13年間の出来事を思い返しつつ一カ月近くかけて全記事リライトをしてみました。

学生時代の日記を読み返すようで恥ずかしいものがありましたが、これまで全くアクセスがなかった記事にも検索流入が発生し始めたりと良い結果が出ているようですので、やってよかったのではないでしょうか。

また、記事構成をテーマブログ風にしたことで、アドセンスやアフィリエイトの成果が出やすくなったという別の良い現象もありました。レイアウト的に目次があって見出しがあってというブログレイアウトの方がクリックしがちになるということかもしれないです。

日記型ブログからの脱却をお考えの方は是非以上を参考にしてみて下さい。