このdtn.jp運営ブログは、タイトル通りにdtn.jpの各サイトの運営報告用に作ったブログでした。このため、記事といってもサイトのお知らせをする程度でしか書いておりませんでしたので、記事数も13年間で180記事程度しかありませんでした。

お知らせ程度の文章ということもあり、章立てして記事構成をするといったことをやるはずもなく、サイトのことをよく知らない人にしてみれば、何が書いてあるかも分からない記事ばかりだったとは思います。

とはいえ、最近になってようやく少しはブログに慣れてきたということもあり、サイト運営に関する記事という点は変わらないものの、ある程度テーマに沿った文章になってきているらしく、直近で書いた一部記事には特定キーワード経由のアクセスが結構でるといったことが発生するようになっておりました。

そこで、せっかくなので、これまで書いた記事も少し手直しをしてみることを思いつき、全記事のリライトを一気にやってしまいました。

この記事では、このブログ記事をリライトすることになったきっかけや、日記ブログをテーマブログに変えるにあたって必要なこと、リライトに役立つプラグインなどに関してご紹介をしてみたいと思います。

かつては日記ブログのような記事ばかり

このdtn.jp運営ブログはディレクトリ型検索エンジンdtnや他運営サイトの報告用に運営しておりますが、サイト自体もそれほど更新頻度が高くはありませんので、お知らせするネタもそれほど多くはなく、結果として、ブログ開設から13年経ってもまだ180記事程度しか記事が存在しておりませんでした。

この記事に辿り着いた方も、ここまで読んでいただければ分かると思いますが、私自身はかなり筆不精で、文章を書くということも苦手な方ではありまして、いまだブログを書くという作業も好きになれてはおりません。

そんな筆不精の私が開設当初に書いていた記事がどのようものだったかというと、何かしらお知らせしたいことについて書いてはいるものの、文章も日記帳の雰囲気で、今なら当たり前になった見出し(H1~H6)で記事を章立てして構成するといったことも全くやっていなかったため、サイトのことを知らない人が見たら、何を言いたいのかもよく分からない記事ばかりという状況でした。

多少ブログを書くのに慣れてきた

あれから13年がたち、やっと記事を章立てして書けるようにはなってきまして、記事の文字数もだいぶ増やすことができるようになりました。文章も以前に比べれば多少は意味が伝わるものが書けるようになってきたらしく、最近一部の記事に対するキーワード検索からの流入が多くなることがありました。

テーマに特化した記事は検索流入がある

例えば、ディレクトリ型検索エンジンdtnの検索画面で、Twitter APIを使ってツイートのデータを表示させたことを紹介した記事では、cowitterライブラリを使ってTwitter APIからデータ取得する方法をしっかり書いていたこともあり、dtn.jpに全く興味もない、Twitter APIに興味がある方からのキーワード検索の流入がかなり発生して、意外な人気記事になっていたりしました。

日記ブログをテーマブログ風にしてみる

ブログの構成を、記事テーマに沿った文章構成に変えた方が検索からの流入が期待できるようですので、これまで書いたブログ記事も、せっかくなのでリライトをしてみることにしました。

サイトのお知らせをする程度の存在だったこともあり、13年間公開してきた文章を読み返したり、リライトするなんてことも一切やらずだったため、まずはブログリライトに役立つプラグイン等を追加してみることからスタートしてみました。

テーマブログ風にするために必要なこと

日記ブログを記事テーマに沿った構成に変えるためには、文章構成全体の見直しをすることが最低限必要そうです。

というのも、これまでの記事書き始めでよくあったパターンは「最近ドタバタしていて更新ができていませんでした~」といった日記的な書き出しになっているものばかりだったので、記事をかなり読み込まないとTITLEに設定した言いたいことに該当する文章には辿り着かない状態となっていたからです。

そこで、その記事内にどんなことが書かれているかをぱっと見でも分かりやすくするために、記事に目次を設置してみることにしました。目次を作るには章立ても必須になりますので、文章を分かりやすく構成するためにも役立つとは思います。

それと合わせて、日記調でだらだら書いた文章を読みやすくするために、コンテンツの読みやすさを高めるための工夫をすることも考えてみました。

そこで、WordPressに2つのプラグイン(Table of Contents PlusとAdvanced Editor Tools)を新たに追加することとしました。それぞれご紹介したいと思います。

Table of Contents Plus

WordPressプラグインのTable of Contents Plus
目次を自動生成するプラグイン Table of Contents Plus

H1~H6の見出しを自動的に目次として生成してくれるプラグイン「Table of Contents Plus」を追加してみました。これにより、文章に見出しを入れて記事を書いておけば、リンク付きの目次が勝手に記事トップに設置できるようになりました。

このTable of Contents Plusが便利だったところは、最初にH1~H6の見出しだけ作って下書き保存をすれば目次だけパパっとプレビューができるので、記事の文章構成に全く慣れていない私でも簡単に記事の流れを作ることができたところです。骨組みができれば、後は13年前の文章をコピペして、多少の手直しと肉付けをすればそれっぽい文章にすることができましたので、かなり作業を効率化することができました。

最近では新規で記事を書く時もこの流れで書いているので、無くてはならないプラグインになってます。

Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)

WordPressプラグインのAdvanced Editor Tools
エディター機能を拡張するプラグイン Advanced Editor Tools

Gutenbergエディタで文章に下線(アンダーライン)を入れたり、打消し線を入れたり背景色を付けてハイライトをするといったことを、もの凄く簡単にできるようにするプラグイン「Advanced Editor Tools」も追加をしてみました

特に、このハイライトを引くという機能が便利で、太字で協調するよりもハイライトを引いた方が目立つため、コンテンツの読みやすさの向上にも役立ちます。

過去記事のリライトを始める

WordPressの準備ができたところで、日記調となっていた過去記事に章立てを追加しつつブログ記事のリライトを一気にやってみました。記事数は180記事程度しかなかったものの、上記のようにブログ開設をした2007年8月からリライトを一切やっておりませんでしたので、かなり重い作業にはなってしまいました。

テーマブログに感情表現は不要

日記帳に記事を書いていたこともあり、感情表現として顔文字もかなり多用していましたが、十数年経って読み返すと、これがかなり恥ずかしい感じがしてしまったので、顔文字は全部取り去ってしまいました。

(^_^;)
(^△^;)
ヽ(^▽^;)ノ
m(T-T )m

10年前頃に気に入って使ってた顔文字たち。懐かしいです。

別に顔文字を使っていても悪くはないと思いますが、サイトのことを知らない新規の読者に対し、記事内容の信頼性を下げてしまうとは思いますので、感情表現はそこまで入れなくても良いとは思います。

それと、Googleのページ品質の評価ガイドラインでは、Expertise(専門性)Authoritativeness(権威性)Trustworthiness(信頼性)といったE-A-Tを最近は重要指標としているようですので、文章に冷や汗(^△^;)ばっかり書いた記事ばかりだと、さすがに評価を下げたくなるかもしれないですので。

リライトにより新たな流入が発生

一カ月近くかけて、全記事を一通り手直しすることができました。リライト後に現れた変化をいくつかご紹介したいと思います。

例えば、2008年頃にはPageRankが6や9になる謎現象も記事にしておりましたが、この記事に対する検索からの流入が何年ぶりかに発生していました。

当時、結構珍しい現象だったとは思いますが、ブログの文章構成が最悪だったり、そもそもキーワードが入っていなかったこともあり、この記事に対しての検索流入なんて、ほとんど発生しておりませんでした。

ところが、リライト後には「PageRank9」とかのキーワードで記事が突然ヒットするようになっており、リライト後は海外からのアクセスが少しずつ増えたりして、さっそくキーワード検索の流入が増え始めてもいるようでした。

それにしても、まだ海外ではPageRankを調べている人がいるのでしょうか?そちらの方も少し気にはなりました。

リライト後のアクセス変化

先ほどのPageRankに関する記事以外にも、これまでアクセスが全く発生していなかった2010年以前の記事にも多少なりともアクセスが発生し始めているようでした。

10年変わらずの記事が突然更新されたから、という理由でGoogle側で評価を変えたということもあるのかもしれませんが、何かしらサイトに動きが出てきている印象がありました。

もちろん、セッション数で目に見えて変化が出るといったことはまだありませんが、アイキャッチ画像をしっかり入れたことも影響したのか、ブログ全体で直帰率が下がり、滞在時間が増え始めるといった良い傾向が生まれていました。

おわりに

ブログ開設から13年間の出来事を思い返しつつ一カ月近くかけて全記事リライトをしてみました。

学生時代の日記を読み返すようでかなり恥ずかしいものがありましたが、これまで全くアクセスがなかった記事にも検索流入が発生し始めたりと良い結果が出ているようですので、やってよかったとは感じております。

また、記事構成をテーマブログ風にしたことで、アドセンスやアフィリエイトの成果が出やすくなったという別の良い現象も生じ始めました。レイアウト的に目次があって見出しがあってという記事構成の方がクリックしがちになるということかもしれないです。

日記型ブログからの脱却をお考えの方は是非これらを参考にしてみて下さい。