楽天APIとYahoo!ショッピングAPIを合体して作ってみた、
アフィリエイトページの「人気商品ランキング」に、
新たにちょこっとコンテンツを追加してみました。
今回は、Yahoo!ショッピングAPIの中でも、”商品検索”機能を使い、
「クリスマスプレゼント」、「誕生日プレゼント」等のキーワードを
クエリにくっつけて投げ、帰ってきたXMLをコンテンツにしてあります。
present_ranking.png
XMLのパースは、もうだいぶ慣れっこになってきているので、
特に問題なく制作完了です。
XMLパースについては「APIで検索連動型広告の制作」の時にも書きましたが、


// パース実行、連想配列にパース結果代入
xml_parse_into_struct($parser,$buff,$val,$index);

連想配列にパースしたデータを(↑の場合は$valと$indexですね)、
print_r() するなどしてみて、実データから配列構造をじっくり眺めてみると、
すぐに扱いに慣れてくると思います。
連想配列の構造さえわかってしまえば、


foreach ($val as $key1 => $val1){

みたいにガンガン分解していけばOKです!
なお、Yahoo!ショッピングAPIには、クエリで設定すれば、
Yahoo! JAPANアフィリエイトか、バリューコマースアフィリエイトの
タグがレスポンスフィールドで取得出来るので、
自動化アフィリエイト好きな方は、是非お試し下さい。
ちなみに。
皆さん気になるのはアフィリエイトの成果だと思いますが、、、
プログラムでチャチャっと作ったコンテンツの成果は、
残念ながらご想像通りですね。
ホントに、アフィリエイトは難しいものですね。

スポンサーリンク