楽天APIとYahoo!ショッピングAPIを合体して作ってみた、アフィリエイトページの「人気商品ランキング」に、新たにちょこっとコンテンツを追加してみました。

今回は、Yahoo!ショッピングAPIの中から”商品検索”機能を使って、「クリスマスプレゼント」、「誕生日プレゼント」等のキーワードをクエリにくっつけて投げ、帰ってきたXMLをコンテンツにしてみました。

XMLのパースは、もうだいぶ慣れっこになってきているので、特に問題なく制作することができました。

XMLパースについては「APIで検索連動型広告の制作」の時にも書きましたが、 連想配列にパースしたデータ(↓の場合は$valと$indexですね)を、print_r() するなどしてみて、実データから配列構造をじっくり眺めてみると扱いに慣れてくると思います。

// XMLのパース実行
xml_parse_into_struct($parser,$buff,$val,$index);


連想配列の構造さえわかってしまえば、あとはガンガンforeach()で分解していけばOKです!

foreach ($val as $key1 => $val1){ .... }

なお、Yahoo!ショッピングAPIには、クエリで設定すれば、Yahoo! JAPANアフィリエイトか、バリューコマースアフィリエイトのタグがレスポンスフィールドで取得出来るので、プログラムを使ったアフィリエイト自動化が好きな方は、是非お試し下さい。

present_ranking.png
キーワード「クリスマス」でAPIに投げたイメージ

ところで、皆さんが一番気になる点は、アフィリエイトによる具体的な成果がどれだけ出たかという点だと思いますが、、、

0ではありませんが、残念ながらご想像通りに小銭程度にしかなっておりません。。。アフィリエイトって難しいものですね。

スポンサーリンク