APIアフィリエイトで成果発生

YahooのショッピングAPIにはバリューコマースのアフィリエイトプログラムを組み合わせることができますが、久しぶりにAPI経由の成果が発生しました

APIを使ったアフィリエイトサイトを作って半自動で稼ぎたいといったことは、WEBプログラマーなら誰でも想像する話で、最近だとテック・ブックランクあたりが有名どころと思いますが、ポンと作って3週間で10万円も稼ぐといったことはまれで、プログラム生成サイトを作っても成果がなかなかあがらないというのが現実とは思います。

dtn.jpの各サイトでも、YahooショッピングAPIを使った検索連動広告みたいなものを作ってありますが、検索キーワードに関連した商品のリンクを表示させているとはいえ、経由の成果があがることはほとんどありません

ポケモンGOで検索すると、商品データをひっぱります

ポンと検索して表示された商品リンクを見て「これいいね、すぐ買おう!」となる人なんて1,000人にひとり程度でしょうから、GoogleやYahooであれば意味があるかもしれませんが、dtn.jpのアクセス数でこんなものを置いても全く意味がないことになります。もはや雰囲気づくりの飾り程度としか見ていませんでした。

加えて、Safariやchromeで実装され始めたトラッキング防止機能(ITP)の影響もあり、アフィリエイト成果がより上がりにくくなっている昨今では、ますます期待もしていませんでした。

そんなリンクから成果があがっていたので、成果未承認でこのまま承認拒否で終了パターンかもしれませんが、かなり嬉しく感じました。

3980円の1.03%の報酬で41円が発生でした

APIを使ってアフィリエイトをやるには

dtn.jpと同じようにYahooのショッピングAPIでアフィリエイトをやってみたい方は、大きく5つの作業をこなしてサイトを作っていけば実現ができます。

①Yahoo JAPANのIDを取得(これがないとアプリケーション登録ができません)

②デベロッパーネットワークでアプリケーションを登録(Client IDがもらえます)

③バリューコマースに登録

④バリューコマースでYahoo!ショッピングと提携してテキスト広告枠を作成

⑤APIのクエリに②と④を仕込む

①Yahoo! JAPANのIDを取得

Yahooでアカウントを作成するだけです。こちらからどうぞ。ヤフオクとかもやるのであれば、プレミアム会員の方が色々と便利に使えるとは思います。

②アプリケーションを登録

デベロッパーネットワーク新しいアプリケーションの開発からAPIを使ったアプリケーションの登録をすることができます。dtn.jpの検索連動広告のようなものであれば、サーバーサイドのアプリケーションを個人でといった感じで登録していきます。アプリケーション名は特に表に出るものでもないので、分かりやすい名前を付けておけば問題ありません。

新しいアプリケーションの開発で登録

③バリューコマースに登録

YahooのAPIにアフィリエイトを仕込むには、バリューコマースのアフィリエイトへと登録が必要となります。ほかのアフィリエイトではAPIに組み込むことができないのでご注意ください。登録自体は無料で、サイト情報を登録する程度ですぐにできます。

④Yahoo!ショッピングと提携

バリューコマースに無料登録後は、管理画面の検索画面で「yahoo」と検索して表示される「Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)、PayPayモール」と提携すれば広告を作成ができるようになります。「広告素材を選ぶ」に進み、テキスト広告の作成をしてください。

管理画面で検索してもYahooショッピングが出てこない場合には、他の広告を貼るなどして少し成果を上げる必要があるかもしれません。

バリューコマースでyahooを探す

⑤APIのクエリに②と④を仕込む

以上で、YahooAPIアフィリエイトに必要なアプリケーションのClient IDバリューコマースIDが準備できましたので、あとはAPIに投げるクエリにこれらのパラメータを仕込めばOKです。

PHPでの実装については下記の記事をご参照ください。

APIアフィリエイトで成功するには

APIアフィリエイトで成功する方法については、上記のテック・ブック・ランクを制作した方が、その答えをハッキリ説明してくれておりました。

結論から言う。技術力と企画力にはまったく相関がない。

まさに仰る通りで、APIを使ってどんなに頑張ってプログラムを書いたとしても、dtn.jpの検索連動広告のようにコンテンツとしての価値がないと全く成果がでることがありません。空回りのプログラミングを徹夜でやる前に、コンテンツ設計をより精度を上げるよう努めましょう。

これはほんの1例だが、私も含めてエンジニアが立てる企画のほどんどはシステム設計指向でコンテンツに対する考えがスカスカのが多い。コンテンツはシステム設計よりも優先して考えるべきことなのだ。

どんなデータベースか、どんなフレームワークか、なんて知る訳が無い。サイトにアクセスした際に目の前にあるのはコンテンツだけ。だからコンテンツこそが重要。

おわりに

Yahoo API経由のアフィリエイトで成果がでたこともあり、勢いで新たにアフィリエイトの記事カテゴリを作り、よくあるアフィリエイトブログ的な記事も書いてみました。ここまでお読みいただいた方であれば、記事にアフィリエイト広告が何個置いてあったかもよくお分かりになったのではないでしょうか。

dtn.jpの場合、アフィリエイトはドメインを取得した2002年~の数年間がピークだったかもしれません。当時はまだアフィリエイトをやっている方も少なく、リンク集をアフィリエイトタグに変えただけで驚くほどの成果があがった時代でしたので、今成果を出すために日々努力する方からしてみたらバカみたいな時代だったかもしれませんね。