登録サイトのアクセス推移グラフ

ディレクトリ型検索エンジンdtnのカテゴリには、登録サイトからのINアクセス / OUTアクセスの様子をグラフで表示する機能が追加してあります。(※既に廃止しています

sparkline.jsでグラフを表示

このミニグラフですが、当初はPHPでちゃんと自作をしようと思っていましたが、JavaScriptのライブラリの方が簡単に表示できるものが多いようですので、取り急ぎこれで制作をしてみました。

利用したものが、jQueryを使った、sparkline.jsというものです。

sparkline.jsの使い方

使い方はとても簡単で、sparkline.jsにカンマ区切りの数値を設定してあげれば、あとはグラフのタイプを選ぶだけでOKという、面倒くさがりにピッタリの仕様となっております。

表示するグラフのデザインや種類も豊富にあり、かなりグラフィカルなミニグラフを簡単に設置が可能です。

sparklines_graph.png
グラフィカルなグラフが豊富に用意されています

dtnディレクトリへ実装後のテスト

ディレクトリへの実装もとても簡単にできましたが、JavaScriptで表示をさせるということもあり、登録サイトが多数存在するカテゴリではグラフ生成にかなりの時間を要する問題が発生してしまい、場合によっては、ブラウザがフリーズするといった問題まで生じてしまいました。

登録サイト数の多いカテゴリは整理

ブラウザをフリーズさせるようでは実装は難しいとは思いましたが、デザインも気に入っておりましたので、登録リンクの数が100を超えるようなカテゴリでは更に下層カテゴリを作成するといった作業をすることにしました。

一度のグラフ生成数を減らすことができればそこまで表示は遅くありませんでしたので、登録リンク数が100ぐらいある場合には、下層カテゴリを増やすなどの整理をして、なるべく一度のグラフ生成数が少なくなるよう整理をしてみました。

category_cleaning.png
細かく細分化された東京都以下のカテゴリ

dtnカテゴリの整理をした結果

管理者画面にカテゴリメンテナンス用の機能も用意しておりましたが、今までこういった作業をあまりしていなかったこともあり、登録リンクが100を超えてるカテゴリがかなり存在していました。

下層カテゴリを追加していたら、あっという間にリンク数が900を超えてしまいました。

category_number.png
カテゴリ数が903まで増えました

おわりに

たった数日間で200カテゴリ=ページをディレクトリに増やしましたが、スパム扱いとかになったりするのでしょうか。大きな変化があればまたご報告いたします。

ABOUT dtn.jp

この運営ブログをみてdtn.jpの運営サイトに興味をお持ちになった方は下記のリンク集からサイトをご参照ください。PHP・SQL・JS・HTML・CSSや様々なAPIでゼロから立ち上げたサイトを複数運営しています。

dtn.jp関連サイト

  • ディレクトリ型検索エンジンdtn大手サイトは全てサービスを終了し、中小でも運営を継続するところがほとんどなくなってしまったディレクトリ型検索エンジンを2002年から細々運営しており、未だに細かい機能改修も行っております。申請されたサイトは実際に訪問して細かく確認をしているので登録までかなりお時間いただきます。
  • 猫ネコサーチエンジン猫・ペットサイト専用のディレクトリ型検索エンジンです。登録サイトはサイトのスクリーンショット付きでカテゴリに掲載しています。
  • 画像掲示板の泉画像やYouTubeやニコニコ動画が貼り付け可能な匿名画像掲示板です。27ジャンルに分かれた掲示板に、それぞれ100スレッドまで立てることが可能です。
  • ツイータンTwitter APIを使って10分おきに収集したTwitter(ツイッター)のトレンドワードや人気ハッシュタグデータを月別に集計してランキング形式で公開しています。
  • Keyword Tool++Yahoo APIや楽天サイトのデータを日次で収集したデータを元に、EC系キーワードをラインキング形式でご紹介しています。各ワードは検索ボリュームや関連語、24か月の検索ボリュームトレンドを確認も可能です。
  • 消費者金融の泉カードローン商品を取り扱う金融業者を一覧で比較可能としたサイトです。カテゴリ別、人気度別、限度額別、金利別に比較可能なサイトにしています。
  • TrendinGファッションモールに出店するブランドをアイテムヒット率でランキングとしたサイトです。まだβ版です。

各サイトの開発方法などについて

各サイトの開発方法や運用トラブルについては、当ブログで不定期にご紹介しています。Twitterで新着記事のお知らせもしています。宜しければフォロー下さい。