IN/OUTアクセスのカウントデータ

ディレクトリ型検索エンジンdtnでは、登録サイトのアクセスランキングクリックランキングを実施していますが、そのIN/OUTランキングのトランデータをランキング以外にも利用ができないかと以前より考えておりました。

jQuery Sparklines

そんな中、jQuery Sparklinesの紹介記事を見つけたので、このSparklinesをつかって日々のIN、OUTの状況をグラフで表示できれば殺風景なカテゴリも多少華やかになるかと思いつき、実際に組み込んでみました。

登録サイトのアクセスグラフとSparklines.jsについてはこちらの記事でもご紹介しています。

cronで定時バッチ処理化

ランキング用のアクセスデータ、クリックデータは単純にトランテーブルにログをためていただけなので、これを日別に一週間分それぞれ抽出する処理を組み込み、完成したものが下記のようなイメージとなります。

recent_dtn_access_top.png
登録サイトの直近アクセス数を表示しています

JavaScriptの処理が重い

Sparklinesは配列データを元にJavaScriptでグラフ化処理を実行しますが、カテゴリに登録サイト例えば100サイト存在したとすると、200グラフの生成を一気にやることとなり、PC側に相当な負荷がかかってしまい、ひどいときはブラウザがフリーズしたりしておりました。

登録サイト数が多いカテゴリは下層カテゴリに分割するといった地味な作業はやっておりますが、人力作業のためかなり時間がかかってしまっております。

アクセスランキングがないサイト

アクセスランキングデータが全く無いサイトの場合は、せっかくのグラフも_ _ _ _ _ _ _ と表示されるだけなので、少々残念な印象となってしまったりもします。

recent_dtn_access.png
データが存在しないグラフは殺風景過ぎる印象になります

おわりに

ランキングデータがもっと賑やかになればとはカテゴリの印象もだいぶ変わるとは思いますが、なかなか難しいものがあります。

PHPが学べるおすすめプログラミングスクール

この運営ブログをみて、もしdtn.jp管理人のようにサイトをゼロから作ってみたいという思いに駆られた方は、サイト開発やプログラミングをオンラインで受講できるプログラミングスクールの活用をしてみてはいかがでしょうか。サーバ/WordPress/HTML/CSS/JS/PHP/SQLなどの基本さえ分かれば、ゼロからサイト立ち上げもポンポンできるようになって、今なら仕事や転職にも役立つのでオススメです。

PHPも学べるオンラインスクール

  • CodeCampAWS Cloud9を使ったクラウド上のIDEが用意されているので、ネットにつながればスタート開始可能というゴージャスなスクールです。講師も選べて、Webマスターコースならプログラミング経験0でも一気にフロントエンドからバックエンドまでマスターできます。
  • ウェブカツJava言語やRuby言語なんぞ教えん!という、初心者にありがちな挫折ポイントがよく分かってるスクールです。フロントエンドエンジニアに必要なスキルセット&PHPがマスターできます。
  • フリークス HTML/CSSから始まり、MySQLやLinuxからPHPの変数や分岐やループ、クラスやPDOに最後はMVCまで教えてくれるので、そこまで分かればなんでもできそうです。メンターに質問もし放題がいいですね。
  • テックアカデミー法人のIT研修もやってる業界最大手・受講者数No.1のスクールです。メンターとの定期オンライン面談やチャットサポートなどもあり、大手ならではインフラ環境がウリです。PHPと合わせてjQueryもマスターできる、PHP/Laravelとフロントエンドコースがおすすめです。

オンラインスクールのデメリット

孤独になりがちなサイト制作も、優しいメンターがそばにいてくれれば凄い楽しそうですが、もちろんデメリットもあります。お金がかかるという点です。ひたすらググって、本を読んでよりは確実にコストがかかってしまいます。とはいえ、多少の余裕があるなら、こんなご時世なので時間と労力を買った方が良いと思います。