はじめに

あっという間に2010年も11日が過ぎてしまいました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

アフィリエイトサイトをリニューアル

昨年、楽天APIとYahooショッピングAPIを使って作ってみたアフィリエイトのページ「人気商品ランキング(※既に閉鎖済)」ですが、年末休み中に小修正を施したので、新たに「dtnショッピング」としてリニューアルをしてみました。

楽天APIとYahooAPIをマッシュアップ

リニューアルで変わった部分といえば、楽天APIの売上ランキングデータだけを表示していた部分に、Yahoo APIのランキングデータも合体してみただけでした。

APIのデータ取得方法は同じ

Yahoo APIも楽天APIもデータの取得方法はほぼ同じで、クエリストリングを投げてレスポンスのXMLをパースで対応ができます。詳細はYahoo API関連の記事を参考にどうぞ。

マッシュアップのポイント

クエリを投げる前にYahooと楽天のカテゴリデータをそれぞれ配列化しておき、双方のAPIから同じ商品カテゴリのデータを取得して合体をさせたところです。マッシュアップとも言えないようなレベルですが、基礎練習にはちょうどいい程度かと思います。

ワインのYahooショッピングカテゴリID、楽天のカテゴリIDをあらかじめ配列化してあります。

ワインのカテゴリID

Yahoo:100317
楽天:1371

$CATEGORY = array(
 0 => array('C_ID' => '1371','G_ID' => '100317','C_NAME' => 'ワイン'),
 1 => array('C_ID' => '1348','G_ID' => '111968','C_NAME' => '焼酎'),
);

商品カテゴリの配列を事前に作成

dtnショッピングの場合、カテゴリ数はそこまで多くないので、先ほどの商品ごとのYahoo、楽天カテゴリの配列データは手で作りました。

楽天API、Yahoo APIには、商品カテゴリのデータ取得用APIも用意されておりますので、これを使って、数千カテゴリを一気に取得し、超巨大なマッシュアップランキングサイトを一瞬で作り上げることも可能と思います。

とはいえ、アフィリエイトだらけのページを数千ページ一気に作ったら速攻でスパム扱いされそうなのでご注意下さい。

dtn_shopping.png
当時のdtnショッピングの画面

おわりに

新年一発目の記事がアフィリエイトネタで申し訳ありませんが、今年も頑張ってより良いディレクトリとできるよう、運営を細々と頑張ろうと思っています。