2017年末頃にdtnキーワードツールというサイトを立ち上げており、先日もキーワードの年間トレンドチェック機能を新たに追加したりしておりましたが、サイトとして立ち上げて以降、アクセス数はさっぱり増えず、日に二桁のアクセス数があれば良い方という日々が2年近くは続いておりました。

ところが、今日久しぶりにAnalyticsを見てみたところ、ある時期を境にして、これまでの10倍近くのアクセス数が発生するようになっていたことに初めて気が付きました。どうやら、それ以降は安定して結構なセッション数が毎日発生しているようです。

2019年11月15日頃からアクセス数が増えているようでした

とはいえ、プログラムで勝手にデータ収集→出力をするサイトということで、自身で見ることはほとんどありませんし、最後に機能追加したのも、この運営BLOGに記事を書いた9月末でしたので、新たに何か機能を付け足したということもありませんでした。

運営BLOGを見返しても、これといって何かをやった記録が全く残っておらず、正直さっぱり原因が分かりませんでしたが、一つ思い出したことがありました。

サイトマップXMLを吐き出したことです。

キーワード分析サイトということで、1キーワードで1ページを作るような形になっているので、サイトマップを生成するとなると、登録された検索キーワードの数だけページを作ることとなり、結果として、数千ページのサイトマップを一気に吐き出すことにもなるため、流石にスパム扱いされるか!?とは思い、サイトマップ生成はやっておりませんでした。

今の時点で、3226ページが存在することになります

それと、WordPressで作ったサイトであれば、All in One SEO Packなんかを使い、XMLサイトマップ吐き出しは簡単にできると思いますが、自作サイトとなると、出力のプログラムを別途組まないといけないということもあり、手間なのでやっていなかったという事情もあります。

ただ、どうせ日に数人しか来ないサイトなら何をやってもマイナスにはならないだろうといったことを飲んだ日にでも思ったようで、dtnディレクトリのサイトマップ生成プログラムを流用し、XML出力用のプログラムを一気に作ってしまっていたことをこれを見て思い出しました。

これが確か10月前半頃の話なので、サイトマップがgoogleに反映→googleの検索結果に反映に一か月程度かかり、11月中旬から検索によく引っかかるようになったということのようです。

気になってSearch Consoleで検索クエリを見てみると、「cyberpunk 2077 コレクターズエディション」といった聞いたこともない商品名でも流入があったりで、3000ページのキーワードページがロングテールで見事に引っかかりつつあることがよく分かりました。

アクセスが増えてることは嬉しいのですが、逆に言えば、この2年間は検索エンジンにほとんどひっかかっていなかったということなのかもしれませんので、なんともガックリな発見にもなりました。。

プログラムでサイト生成をやられている方がいらっしゃいましたら、サイトマップ生成も忘れずにやってください。

そんなことがあったdtnキーワードツールはこちらです。

スポンサーリンク