WordPressのブログタイトルを「dtn開発日誌」から今の「dtn.jp運営ブログ」に変えておりました。

日誌どころか年誌にすらなっていなかったことを見て、恥ずかしいので日誌という単語は外そうと考えたことがきっかけだったと思います。ただ、いつ変更したか全く覚えておらず、多分2019年のことだったとは思いますが・・・

WordPressでのブログタイトル変更は恐ろしく簡単で、管理画面にログイン後、設定 → 一般 → サイトのタイトル に入力するだけで簡単に変更できてしまいます。変更後はパンくずリスト等もしっかり変わってくれるので、あっという間にブログタイトルを変えることができます。

ということで、恐らく思いついてパッとブログタイトルを変えてしまったんだろうとは思います。

新しいブログタイトルはdtn.jp運営ブログ

アクセス多いブログであれば、ブログ名変更は一大事でしょうが、なにせアクセスなんて殆どないdtn.jpのブログなので気楽にやれてしまうのが悲しいところです。どうでも良い話で失礼致しました。

さて、ブログタイトルの件にちなんで、WordPressのテーマとプラグインについてご紹介しておきます。

フッターの Powered by Emanonでお気づきかもしれませんが、このブログはWordPressの有料テーマEmanon(エマノン)無料版を使っておりました。

Movable TypeをWordPressにした時、何か良い無料で使えるテーマはないかと探していたところ、どこかのサイトの紹介で見つけたのがこのemanonでした。特段何をせずとも、それっぽいデザインが簡単にできてしまうところが気に入り、今まで細かい設定も何もせず使い続けておりました。

ただ一点だけ、ちょっと微妙だと思っていたのが、このソースコードブロックのデザインです。emanonのデザインでソースコードブロックをだすとこんな感じです。

#shutdown -h now

これはこれでemanonの雰囲気にぴったりだけど、なんだか薄いような・・・

ということで、2017年から使っていて今更ながらですが、ソースコード用のプラグインを別途入れてみることにしました。入れたのがこちら。

設定からカラーリングを「Light」と「Dark」の2種類で選択できましたが、ダーク版が見慣れたVisual Studio Codeと似た感じで、言語毎のハイライトも良い感じです。

Highlighting Code blockのソースコードブロックはこんな感じです。言語を選択すると右上にちょこっと表示してくれるのも助かります。

#shutdown -h now

「プラグイン ソースコード」なんかで調べると、他にもCrayon Syntax Highlighterとかも良さそうでしたが、技術ブログでもないので、ソースのコピー&ペーストなんていらないので、シンプルなHighlighting Code blockにしてみました。

ちなみに、emanonのCSSだと、<code>がこんなデザインになっており、変なボーダーが出ていたので、border : 0;で上書きはしておきました。

code {
	padding: 2px 8px;
	border: solid 1px #e2e5e8;
	border-radius: 4px;
}

emanon有料版では、無料版で機能制限がかかったところもカスタマイズ可能になりますので、有料版購入を考えるほどに訪問者が増えるよう、dtn.jp運営ブログも更新頑張りたいと思います。

スポンサーリンク