東日本大震災により被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申しあげるとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申しあげます。

何もできない非力な自分が悲しいですが、少しでも力になれればと思い、
日々頑張っていこうと思っています。

さて、震災以後、計画停電や放射性物質の情報確認でネットをよく見てますが、
停電実施頃より、Yahoo! Japanトップページに東京電力の電力使用状況グラフが
表示されるようになっています。
yahoopowerusage.jpg
さすがはYahoo! Japanと思って自分も確認していたのですが、
それだけではなく、このデータを電力使用状況API として公開もしてありました!

という訳で、早速これを使って電力使用状況グラフを作ってみました。
作り方はいつもと同じで、リクエストURLにクエリを投げ、


http://setsuden.yahooapis.jp/v1/Setsuden/latestPowerUsage?appid=<あなたのアプリケーションID>

返ってくるXMLをパースして、データを抜き取ればよい感じです。
方法はこちら等と同じ方法です。

レスポンスデータから、電力使用量、最大供給量などが取得できると思います。
せっかく取得したデータですので、これをYahoo! Japanのように
グラフ化して表示する為、pChartを使ってみました。
このpChartは、phpにGDライブラリが組み込んであれば、かなり簡単に
折れ線グラフや、棒グラフ、円グラフの描画ができます。

pChartのページにサンプルコードがたくさん用意されているので、
使うグラフのサンプルコードを見て、データセットの部分の
数値配列、項目配列に、APIで取得したデータを入れれば完成です。


// Dataset definition
$DataSet = new pData;
$DataSet->AddPoint(array(10,2,3,5,3),"Serie1");
$DataSet->AddPoint(array("Jan","Feb","Mar","Apr","May"),"Serie2");
$DataSet->AddAllSeries();
$DataSet->SetAbsciseLabelSerie("Serie2");

取得したグラフ画像はpng画像にして出力できるので、
定期的にcronで画像作成し、保存するようにしてあります。
power_usage.jpg

一日も早い復興を願い、節電への協力をしていきましょう。

スポンサーリンク