www無しからwww付きにした

サイト全体をwww無しからwww付きに変え、googleウェブマスターツールからも「使用するドメインの設定」をwww付きに変更したところ、PageRankも0となり、ウェブマスターツールで見ることができた外部リンク、内部リンクも0件となってしまった現象を先日ブログでご紹介しました。

ウェブマスターツールで登録を分ける

ウェブマスターツールでリンクが0件となった割には、グーグルの検索窓で被リンクを調べたりすると80件くらいは表示がされるため、何かおかしいとは思い、一旦ツールの登録を削除してから再度新規に登録をしてみたところ、普通に外部リンク、内部リンクも表示がされておりました。

webmastertoollnk_img.gif
当時のウェブマスターツール画面

www付き無しを変えた場合、再登録が必要

ドメインの設定をwww付きにする、もしくは、www無しにすると決めた場合には、dtn.jpとは別に、www.dtn.jpのツールも作らないといけないということのようです。

webmastertool_img.gif
ウェブマスターツールに登録したサイト。www付きにしました。

おわりに

PageRankの部分を見てみると、ほとんどが『まだ割り当てられていません』になっておりました。外部リンク数も変わってはいないので、そのうち元に戻るのでしょうか。。