大型の台風15号が関東地方を直撃した影響で、MySQLがToo many connectionsを吐き出してしまったというお話ですが、全く技術的な話ではございませんので申し訳ございません。

久々の強力な風台風により、千葉県では未だ停電も続く状況というニュースはご覧になっていると思いますが、私も台風の強風で揺れる雨戸の音に全く眠ることができず、先日追加したリンク切れチェック機能を使い、ディレクトリのメンテなどをやりつつ夜を過ごしておりました。

そんな中、休憩がてらリンクチェックプログラムのLIMITを100程度入れて手動でキックし、PCを離れてスマホで台風進路予報を眺めたりして、そろそろステータス取り終えたかとスマホでサイトを見てみたところ、MySQLが突然悲鳴を上げ、サイトも落ちてしまっているのが見えました。

接続するとこんなエラーがブラウザに出る状況です。

ERROR SQLSTATE [*****] [1040] Too many connections

いつもcronで走らせているプログラムとは別の、余分な処理を省いた開発時のプログラムを少々触ってキックしていたので、気づかぬ間にクエリを壊したか?とも一瞬思いましたが、特に変なところもなく、、、

雨風の音も次第に激しくなり、軽いパニックになりつつ、プロセスを少々見てみようかとふとPCに目をやったところ、先程キックした開発版リンクチェッカーの起動ボタンが超高速連打されていることに気が付きました。

見ると、クリックした時にひっかっかったんだか、マウスが超高速連打を続けている感じで、一回カチっと強く押し込んでみたところ、何事もなかったように静かになってくれましたが、触ってもいないのに16連射するかのごとくマウスがカタカタしていたので、かなり本気で怖くなりました。。。

チャタリングとか、静電気とかの影響でクリックがおかしくなるでもなく、物理的に微妙にひっかかって連打という状況があり得るのか?心霊現象や超常現象を一瞬疑ってしまう光景ではありましたが、今では動画撮っておけばよかったと後悔するばかりです。。

以上、台風の中、セルフF5アタックでサーバダウンさせたという冗談のような話でした。

ちなみに、普通にアクセス増などでToo many connectionsが出てしまったという場合は、こちらのサイト様などご参照いただきまして、パラメータ設定の見直しで改善するとは思います。

スポンサーリンク