大型の台風15号が関東地方を直撃した影響で、MySQLがToo many connectionsを吐き出してしまったというお話ですが、全く技術的な話ではございませんので申し訳ございません。

久々の強力な風台風により、千葉県では未だ停電も続く状況といったニュースをご覧になっていると思いますが、台風の強風で揺れる雨戸の音に全く眠ることができず、先日追加したリンク切れチェック機能を使って、ディレクトリのメンテなどをやりつつ夜を過ごしておりました。

そんな中、休憩がてらリンクチェックプログラムのLIMITを100程度入れて手動でキックし、PCを離れてスマホで台風進路予報を眺めたりして、そろそろステータス取り終えたかとスマホでサイトを見てみたところ、MySQLが突然悲鳴を上げ、サイトも落ちてしまっているのが見えました。

接続するとこんなエラーがブラウザに出る状況です。

ERROR SQLSTATE [*****] [1040] Too many connections

いつもcronで走らせている本番用バッチプログラムとは別の、余分な処理を省いた作業用プログラムをキックしていたので、気づかぬ間にコードを壊したか?とは一瞬思いましたが、特に変なところもなく、、、

雨風の音も次第に激しくなり、軽いパニックになりつつ、プロセスを少々見てみようかとふとPCに目をやったところ、先程キックした開発版リンクチェッカーの起動ボタンがマウスで超高速連打されていることに気が付きました。

最後にクリックした時にひっかっかったんだか、マウスが超高速連打を続けており、一回カチっと強く押し込んでみたところ、何事もなかったように静かになってくれました。

今思えば、スマホで動画撮っておけばよかったですが、何も触ってもいないのに16連射するかのごとくマウスがカタカタしている光景は本気で怖くなりました。。。

チャタリングとか、静電気とかの影響でクリックがおかしくなるでもなく、物理的に微妙にひっかかって連打という状況があり得るのか?

心霊現象や超常現象を一瞬疑ってしまう光景ではありました。

以上、台風の中、セルフF5アタックでサーバダウンさせたという冗談のような話でした。

ちなみに、普通にアクセス増などでToo many connectionsが出てしまったという場合は、こちらのサイト様などご参照いただきまして、パラメータ設定の見直しで改善するとは思います。

PHPが学べるおすすめプログラミングスクール

この運営ブログをみて、もしdtn.jp管理人のようにサイトをゼロから作ってみたいという思いに駆られた方は、サイト開発やプログラミングをオンラインで受講できるプログラミングスクールの活用をしてみてはいかがでしょうか。サーバ/WordPress/HTML/CSS/JS/PHP/SQLなどの基本さえ分かれば、ゼロからサイト立ち上げもポンポンできるようになって、今なら仕事や転職にも役立つのでオススメです。

PHPも学べるオンラインスクール

  • CodeCampAWS Cloud9を使ったクラウド上のIDEが用意されているので、ネットにつながればスタート開始可能というゴージャスなスクールです。講師も選べて、Webマスターコースならプログラミング経験0でも一気にフロントエンドからバックエンドまでマスターできます。
  • ウェブカツJava言語やRuby言語なんぞ教えん!という、初心者にありがちな挫折ポイントがよく分かってるスクールです。フロントエンドエンジニアに必要なスキルセット&PHPがマスターできます。
  • フリークス HTML/CSSから始まり、MySQLやLinuxからPHPの変数や分岐やループ、クラスやPDOに最後はMVCまで教えてくれるので、そこまで分かればなんでもできそうです。メンターに質問もし放題がいいですね。
  • テックアカデミー法人のIT研修もやってる業界最大手・受講者数No.1のスクールです。メンターとの定期オンライン面談やチャットサポートなどもあり、大手ならではインフラ環境がウリです。PHPと合わせてjQueryもマスターできる、PHP/Laravelとフロントエンドコースがおすすめです。

オンラインスクールのデメリット

孤独になりがちなサイト制作も、優しいメンターがそばにいてくれれば凄い楽しそうですが、もちろんデメリットもあります。お金がかかるという点です。ひたすらググって、本を読んでよりは確実にコストがかかってしまいます。とはいえ、多少の余裕があるなら、こんなご時世なので時間と労力を買った方が良いと思います。