ディレクトリ型検索の終焉

2011年googleのディレクトリが終わってましたといった記事を書いていました。

久しぶりにディレクトリ型検索エンジンdtnのメンテをした流れで類似サイトの状況を見てみましたが、有名どころの中小検索エンジンや登録式リンク集も次々とサービスを終了してしまっていたことに気が付きました。

今回はそんなディレクトリ型検索エンジンの昨今に関して、2002年からディレクトリ型検索エンジンをやってきたdtn.jp管理人が説明してみました。

Yahoo Japanはリンク集だった

20年近く昔、管理人がプロバイダのオマケに付いていたホームページスペースを使って覚えたてのHTMLとCSSで猫サイトを作って喜んでいた頃は、Yahoo Japanからリンク集に登録していいですか?なんてメールが届いたこともありました。

今、Yahooが単なる登録型リンク集だったのを覚えている人はどれだけいるのやら?

WEBディレクトリの価値

それからたった数年でホームページの数が爆発的に増えたこともあり、YahooカテゴリのはじめとしたWEBディレクトリの価値も一気に跳ね上がり、ディレクトリに登録をしてもらう為の審査料だけに数万円を払うなんていうことが日常的になされるようになっていきました。

dtnディレクトリスタートのきっかけ

審査料を数万円も払い、カテゴリのエディタさんに審査をしていただくような時代でしたので、無料枠で登録申請をする個人サイトが登録されることはほぼ不可能に近く、いくらサイトを申請してもしても全く登録されない状況に嫌気がさし、反動でYahooのパクリサイトでも作ってやろうと思い始めたのがディレクトリ型検索エンジンdtnでした。

ドメインを取得した時期ですので、2002年夏頃だったと思います。

初期のdtnディレクトリ

当時はYomiさんという方がYomi-SearchというPerlプログラムを配布してくれており、これを元に魔改造をかけ、ディレクトリ型の登録式リンク集を個人で作ることが流行ってましたが、私もそんな感じでサイトをスタートしていました。

その後、レンタルサーバでPHPSQLの実装が流行り始めたこともあり、勉強がてらPHPを使って作り上げたのが今のディレクトリ型検索エンジンdtnの原型になっています。PHPもまだ4.x系の時代なので、オブジェクト指向でもないスクリプト感満点の状況でしたが、適当にひたすらコードを書きまくってサイトを作っていた記憶があります。

ディレクトリ型からロボット型へ

それから17年近くが経ちまして、ホームページはいつの間にかウェブサイトと言われるようになり、人手でカテゴリ分類をして間に合うような状況ではなくなったこともあり、検索エンジンの世界はディレクトリ型検索からロボット型検索に一気に変わりました。

クローラーに邪魔者扱いされるディレクトリ型

ロボット型検索エンジンの台頭で、ディレクトリ型検索は過去の遺物になり果ててしまい、なんなら邪魔者扱いすらされつつあるのが今の状況になってきています。

大手サイトでは、そんな役に立たない手数もかかるディレクトリをどんどん捨て去ってしまい、かつて数万円を皆さんが払って登録申請をしていたYahooカテゴリですらあっさり閉鎖されてしまいました

Yahooカテゴリ登録サイトだったdtn.jp

dtn.jp運用ブログに書いていませんでしたが、dtn.jpはYahooカテゴリに無料枠で登録をされておりました。Yahooカテゴリが去年はじめに閉鎖となったことは気が付いていましたが、だいぶ前から閉鎖ムードがYahoo側にも出ている気がしたので、見てもそこまでショックはありませんでしたが、SEO的に強力な被リンクだったものがなくなることになり、その点は残念でなりませんでした。

それと、2000年のはじめ頃に躍起になって登録審査を申請し続け、やっと登録された時のあの瞬間を思い出すと涙がでそうなほど懐かしくなったりしました。

あのリンク集が閉鎖に

先日、あの J.O.Y. – Japanese Open Yellowpagesさんが閉鎖しているのを見たときは、Yahooカテゴリ閉鎖以上にショックを受けてしまいました。各種法制度への対応に時間が取れず、リスクが大きいためとのことで、1995年から真面目にコツコツ運営されていた管理人様の性格を思うと、本当にお疲れ様ですという気持ちになりましたが、これは流石に一時代が終わったという感じがして結構ショックが大きかったです。

初期インターネット時代にはおなじみのサイトが次々閉鎖に

おわりに

個人で2000年初め頃から続けている登録式リンクやディレクトリ型検索エンジンとなると、もはや生き残りが少ない感じですが、dtnのカテゴリにも登録をして下さったkazukingさんなんかもまだ頑張っているようですので、私もできるところまで頑張ってみたいとは思っています。

ディレクトリ登録に14,000サイトも審査待ちを作ってしまい本当に申し訳ございませんが、日々細々とメンテナンスを頑張っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。