ディレクトリ型検索エンジンdtnのトップページを見てみたところ、右上部分に設置をしていた「炎上検索ワード」の表示が壊れていることに気が付きました。

原因はRSSの提供終了

炎上ワード(トレンドワード)のデータ元として利用していたのが、Yahooが提供していた「人気急上昇キーワード」のRSSでした。PHPでRSSデータを取得し、XMLをパースして得られたキーワードを検索エンジンdtnの検索クエリとするといった形で表示していましたが、どうやらこのRSS配信が2月末で終了していたようです。

このため、レスポンスのjsonでも「Yahoo検索データRSS配信は終わりました」のようなメッセージしか設定されておらず、空振していたことが原因でした。

トレンドキーワードを探す

Yahooのサイト上では急上昇ワードの紹介はまだやっているようですが、RSSでの提供はもう終了したようです。周りを見ても、RSSリーダーを使ってる人はもう見なくなりましたので、これも仕方ないのかもしれません。そもそも、Yahoo RSSの二次利用は許可されていないようで、終了となってくれてよかったのかもしれません。

そんな流れで、また何かトレンドワードを提供するサービスが存在しないかとキーワードランキング探しの旅をしようとぐぐってみたところ、あっさり見つけることができました。

Google Trendsの最近の急上昇

新たに見つけたトレンドワードは、Googleが提供するgoogle Trendsのデータです。しかも、googleトレンドの人気キーワードランキングデータは、そのままRSSフィードで吐き出しまでされており、それだけなく、サイトやブログに埋め込みができるようレスポンシブなjsまでご用意がされておりました。

<script type="text/javascript" src="https://ssl.gstatic.com/trends_nrtr/2402_RC03/embed_loader.js"></script>
<script type="text/javascript">
	trends.embed.renderWidget("dailytrends", "", {"geo":"JP","guestPath":"https://trends.google.co.jp:443/trends/embed/"}); 
</script> 

提供されているスクリプトをサイトに埋め込むと、このようにきれいなトレンドワードランキングが表示できます。

Google Trends RSSで再設定

Google Trends 最近の急上昇RSSのフィードXMLをパースし、キーワードを抜き出してみたところ、以前同様にトレンドワードを取得することができました。

炎上検索ワードはこちら

おわりに

dtn.jpの各サイトの検索ボックスで検索されたキーワードは、こちらもずっと蓄積をしてきておりますが、トレンドとか人気ランキングに活かせるほどは検索ボリュームがあるはずもなく、このようなトレンドワードはとてもありがたいデータになります。それを惜しげもなく提供してくれるgoogleさんは改めてすごいと思いました。

ちなみに、この炎上検索ワードをクリックすると、検索プログラムにデータを投げて、カテゴリ検索・登録サイト検索・twitter API検索の結果を返すようになっています。

twitter APIをつかった検索については、こちらの記事でご紹介しています。