はじめに

あっという間に2011年の末になってしまいました。東日本大震災もあり、今年は本当に凄い一年だったと思います。

7月、8月、9月と最低月1回のブログ記事更新ができていた2011年でしたが、また2ヶ月以上手をつけることなく過ぎ去ってしまっておりました。2010年よりはマシな感じですが、せっかくの10年目なので、もう少々サイト更新を頑張りたいとは思います。

サブドメイン化をした画像掲示板

先々々月あたりにも書きましたが、元々はディレクトリのおまけコンテンツとしていた画像掲示板の泉をサブドメイン化して独立したサイトとしていましたが、その後の変化についてご紹介します。

契約サーバでのサブドメイン化

画像掲示板dtnという名前で、dtn.jpのコンテンツの一つとして運営しておりましたので、サーバーのディレクトリはdtn.jp/imgbbsという場所に置いてありました。

  /(ルートディレクトリ)
  | 
  +-----dtn.jp
         |
         +--/imgbbs

サブドメイン化により、imgbbs.dtn.jpという新しいドメインとしたこともあり、ディレクトリの場所自体も変更をしておりました。他社のレンタルサーバだと上の形のままDNS修正だけでサブドメインとすることができるところもありますが、契約しているサーバだとどうしてもできないので残念でした。

  /(ルートディレクトリ)
  | 
  +-----dtn.jp
  |      |
  |      +--/imgbbs(旧コンテンツ場所)
  | 
  +-----imgbbs.dtn.jp(新サブドメイン場所)

.htaccessによる301リダイレクト

移転作業自体はコンテンツを移動し、プログラム内のパラメータ等を修正した後にDNSレコード修正を実施で終了できましたが、これまでの被リンクをはじめとしたSEO効果を失うのはもったいなかったので、旧コンテンツ場所に.htaccessを置いて301転送もかけておりました。

.htaccessサンプルは下記のようなかたちです。

RewriteEngine on
RewriteRule ^(.*)$ http://www.imgbbs.dtn.jp/$1 [R=301,L]

DNS反映後の動き

うまく切り替えができたこともあり、アクセス数もそれほど減ることなく、1ヶ月程度でページランクもimgbbs.dtn.jpに引継ぎをすることができました。

検索結果にサイト名が反映されず

特に問題なく終了した移転作業でしたが、サブドメイン化した際に掲示板の名前を「画像掲示板dtn」から「画像掲示板の泉」と変えたことで、検索結果に少々奇妙な現象が発生することとなりました。

新しいサイト名の検索結果

移転から3ヶ月後となるページランクも付いたこの状況で、サイト名の「画像掲示板の泉」で検索してみてもまだサイトリンクは表示がされておりません。

imgbbs2011-1.gif
新サイト名の画像掲示板で検索した結果

古いサイト名の検索結果

一方、昔のサイト名「画像掲示板dtn」で検索してみると、こちらはサイトリンクも含めてきれいに表示がされております。

少々サイト名がおかしいことに気が付くでしょうか?

imgbbs2011-2.gif
旧サイト名の画像掲示板dtnで検索した結果。画像掲示板dtnタイトル?

画像掲示板dtnタイトル」とは何だろう?

当然ながら、HTMLタグの<title></title>にはきちんと「画像掲示板の泉」と記載しているので、一瞬はgoogle側のバグかとも思いましたが、HTMLを再度全て見直していたところ、同じ文字列が存在ました。

<h1>タグで囲った画像のalt属性に「画像掲示板dtnタイトル」の文字列が存在しました。サイト名変更のタイミングで修正を忘れていた部分ですが、それを拾っていたようです。

<title>と<h1>の優先度

<title>タグで囲った文字列よりも<h1>タグで囲った画像のalt属性内文字列を検索結果の表示に優先させていたようです。

ここからは想像でしかないですが、被リンク元の<a>タグに書かれている文字列は「画像掲示板dtn」が多いので、被リンク元文字列と一致する文字列をわざわざ見つけて、それを強引にサイト名として引っ張っていたのかもしれないです。

いずれにしても、googleが検索結果の表示にあたり、リンク構造を重要視しているのが分かる一例だったのかもしれません。

おわりに

移転作業は微妙に失敗したかもしれませんが、そもそもアクセス数、書き込み数が少ない掲示板でしたので、たいした影響もありませんでした。過疎った掲示板の見本のような掲示板ではありますが、プログラムの勉強には一番役立った気もしますので、のんびり続けていきたいと思います。

PHPが学べるおすすめプログラミングスクール

この運営ブログをみて、もしdtn.jp管理人のようにサイトをゼロから作ってみたいという思いに駆られた方は、サイト開発やプログラミングをオンラインで受講できるプログラミングスクールの活用をしてみてはいかがでしょうか。サーバ/WordPress/HTML/CSS/JS/PHP/SQLなどの基本さえ分かれば、ゼロからサイト立ち上げもポンポンできるようになって、今なら仕事や転職にも役立つのでオススメです。

PHPも学べるオンラインスクール

  • CodeCampAWS Cloud9を使ったクラウド上のIDEが用意されているので、ネットにつながればスタート開始可能というゴージャスなスクールです。講師も選べて、Webマスターコースならプログラミング経験0でも一気にフロントエンドからバックエンドまでマスターできます。
  • ウェブカツJava言語やRuby言語なんぞ教えん!という、初心者にありがちな挫折ポイントがよく分かってるスクールです。フロントエンドエンジニアに必要なスキルセット&PHPがマスターできます。
  • フリークス HTML/CSSから始まり、MySQLやLinuxからPHPの変数や分岐やループ、クラスやPDOに最後はMVCまで教えてくれるので、そこまで分かればなんでもできそうです。メンターに質問もし放題がいいですね。
  • テックアカデミー法人のIT研修もやってる業界最大手・受講者数No.1のスクールです。メンターとの定期オンライン面談やチャットサポートなどもあり、大手ならではインフラ環境がウリです。PHPと合わせてjQueryもマスターできる、PHP/Laravelとフロントエンドコースがおすすめです。

オンラインスクールのデメリット

孤独になりがちなサイト制作も、優しいメンターがそばにいてくれれば凄い楽しそうですが、もちろんデメリットもあります。お金がかかるという点です。ひたすらググって、本を読んでよりは確実にコストがかかってしまいます。とはいえ、多少の余裕があるなら、こんなご時世なので時間と労力を買った方が良いと思います。