検索プログラムを更に修正してみました。
これまでは、検索APIに接続し、返ってきたXMLデータをそのまま出力させていましたが、
今回はこのデータとdtnのSQL検索データを連携させてみました。
連携といっても、YahooやGoogleのように、独自に何億サイトものデータを
持っている訳でもないので、大したことはしてませんけども。。。(^△^;)
とりあえず、検索APIから返ってきたXMLデータを配列化して、
それとdtnのSQL検索結果を比較して、同じサイトがあったら、
検索APIからのデータをdtnのデータに置き換える。って感じにしてあります。
これにより、こんな感じで検索をしてみると
検索結果の中にdtn登録サイトがあった場合は、
その登録カテゴリへのリンクも表示されるようになってます。
検索結果に登録カテゴリへのリンクが表示されていると、
昔のYahoo検索のような感じがして、懐かしい感じがしますねぇ。
まぁまだまだdtnの登録データも少なく、うまく連携してるとはいえない状態ですが、、、
ただ単に検索APIからのデータを表示させてるだけよりは、
面白くなったかなぁと思って自己満足してます(^▽^;)
ところで。
これまでは、検索結果にgoogleの検索APIのデータも表示させていましたが、、
このgoogle API への接続がボトルネックになっているようなので、
しばらくは接続をやめようと思ってます。
おそらく、Google AJAX Search APIではなく、
Google SOAP Search APIを使ってるのが原因だと思いますが( ̄  ̄;)
うちはPHP4なので、SOAPのデータ利用にはnusoapとかを利用しており、
phpのライブラリだと速度が出ないのはしょうがないかなぁと。。。
Cで書かれたPHP5のSOAP拡張があれば、かなり快適になるとは思いますが、、、
時間があればgoogleデータの利用も考えてみようと思ってます。
というわけで、今はYahoo検索APIの結果のみを利用しています。
今後も、より面白い検索結果が表示できるように、
色々と細工していくつもりなので、まだdtnディレクトリに登録していない
サイトをお持ちの方は、ぜひ登録をしてみて下さい。

スポンサーリンク