WordPressの新規記事更新をTwitterに自動でお知らせしたい。

かなり前にそんなことを思いつき、JetPackをプラグインに入れてTwitterと連携させておりました。フォロワーが数百人とかいればブログ投稿時のアクセスにも影響はあるのでしょうが、私の場合は全く意味のない感じです。

WordPressのプラグインでJetPackを入れている方ならよくご存じだと思いますが、JetPackにはソーシャル連携以外にも様々な機能がついています。

ブログに必要な雑多な機能がひとまとめされています

その中でも、トラフィック分析系機能の一つに、人気記事表示機能があります。アクセス数の多い人気記事を一覧表示してくれるという機能です。

プラグインを追加すると、外観ーウィジット部分に「人気の投稿とページ(Jetpack)」が追加されるので、これをお好きな場所に置くだけでOKです。

人気記事の表示数・表示場所・表示方法も自由に設定可能

さて、台風19号が通過により揺れる雨戸の音にまた眠れずサイトを眺めていたところ、その人気記事ウィジットを追加したところにこんな表示がでていることに気が付きました。

表示する投稿はありません・・・

表示する投稿はありません。トラフィックを増やしたいですか?」 だと?

「Jetpack 表示する投稿はありません」 で調べてみたところ、不具合のせいでこうなると書かれたサイトもチラチラみられましたが、 ”集計期間が24〜48時間”と書かれているのを見た瞬間にコレ!だとは思いました。

この過疎ブログの1日~2日程度のアクセス集計で記事をランキングするだけのデータが揃うはずはないので、アクセスログデータ不足で集計ができないといったこととは思います。そこで、この集計期間を変えられないかと調べてみました。

すると、意外とあっさりこれが見つかりまして、Jetpackのデベロッパーサイトにもコードがしっかり書かれてありました。

//JetPackの集計期間変更
function jetpackme_top_posts_timeframe() {
    return '30';
}
add_filter( 'jetpack_top_posts_days', 'jetpackme_top_posts_timeframe' );

WordPressのadd filter関数を使って、指定のフィルターフックに関数を実行するといった感じのようです。この場合は、jetpack_top_posts_daysに、jetpackme_top_posts_timeframe()で30を返しています。この30が集計期間の日数ということらしいです。

WordPressのマニュアルを見ると、add_filterはこんな使い方でした。

add_filter( $tag, $function_to_add, $priority, $accepted_args );
  1. $tag・・・次の引数で指定する関数を登録するフィルターフックの名前
  2. $function_to_add・・・フックしたタイミングで実行するその関数
  3. $priority・・・優先順位を整数で指定。ここでは1個だけの為になし
  4. $accepted_args・・・関数で使用する引数の数。ここでは引数なし

とりあえず、公式マニュアル通りに30に変えてみたところ、無事人気記事が指定した6個ほど表示されてくれました。表示数をもっと増やしたら表示されないかもしれませんが。。

そうこうしている間に台風も走り去っておりました。もう台風はこりごりです。

土曜の22時に人がいないスクランブル交差点
スポンサーリンク