ブログのデザイン変更

久しぶりにdtn開発日誌のブログデザインを変更してみました。

最初は背景色だけでも変えておくか程度で考えていたのですが、Vicuna CMSの新スキン(style-mono)があることに気が付いてしまい、これをテンプレートに適用させたいと急に思い立ってしまったため、だいぶ大がかりな作業をやることになってしまいました。

Vicuna CMS

mt.Vicunaは,Movable Type時代から人気があったテンプレートテーマです。後にWordPressのテーマも配布をするようになりましたが、今は配布していたサイトすら消滅していました。

スキン適用に向けてアップデート

この新スキンを適用させるには、ブログのmt.Vicunaのバージョンアップをする必要があり、mt.Vicunaのバージョンアップをするためには、Movable Type自体のバージョンアップが必要ということがわかりました。

アップデータの流れ

新スキンを適用するまでの流れはこのような感じです。

1.Movable Typeのバージョンを4.13→4.22へアップグレード

2.古いmt.Vicunaをmt.Vicuna 2.2.1へ

3.新スキン(style-mono)を適用

4.cssとかテンプレートとかをチョコチョコ修正

Movable Typeのバージョンアップには結構神経を使いましたが、DBのダンプさえしておけば、最悪はなんとかなるとは思います。(作業はこちらが参考になりました

Movable Typeのアップデートさえ終わってしまえば、Vicunaのマニュアルに沿って、テンプレートを追加していけばOKです。

Movable Typeアップデートの感想

バージョンが上がったMovable Typeを触っていて思いましたが、重かった管理画面もだいぶ実行速度が早くなっていて少々驚きました。もう少し早くやれば良かったかと毎度ながら反省してしまいました。

movabletype-4.22.png
Movable Typeの管理画面イメージ

おわりに

Vicuna CMSの新スキン(style-mono)を適用して、細かいデザインを修正したものがこのブログデザインです。今回はブログも3カラムに変更をいたしました。固定幅も950pxとしてみましたが、このサイズはなかなかいい感じです。時間があれば、dtn.jpのトップページも950px幅に変えてみたいと思いました。

new_dtnkaihatsunisshi.png
当時のブログデザイン

PHPが学べるおすすめプログラミングスクール

この運営ブログをみて、もしdtn.jp管理人のようにサイトをゼロから作ってみたいという思いに駆られた方は、サイト開発やプログラミングをオンラインで受講できるプログラミングスクールの活用をしてみてはいかがでしょうか。サーバ/WordPress/HTML/CSS/JS/PHP/SQLなどの基本さえ分かれば、ゼロからサイト立ち上げもポンポンできるようになって、今なら仕事や転職にも役立つのでオススメです。

PHPも学べるオンラインスクール

  • CodeCampAWS Cloud9を使ったクラウド上のIDEが用意されているので、ネットにつながればスタート開始可能というゴージャスなスクールです。講師も選べて、Webマスターコースならプログラミング経験0でも一気にフロントエンドからバックエンドまでマスターできます。
  • ウェブカツJava言語やRuby言語なんぞ教えん!という、初心者にありがちな挫折ポイントがよく分かってるスクールです。フロントエンドエンジニアに必要なスキルセット&PHPがマスターできます。
  • フリークス HTML/CSSから始まり、MySQLやLinuxからPHPの変数や分岐やループ、クラスやPDOに最後はMVCまで教えてくれるので、そこまで分かればなんでもできそうです。メンターに質問もし放題がいいですね。
  • テックアカデミー法人のIT研修もやってる業界最大手・受講者数No.1のスクールです。メンターとの定期オンライン面談やチャットサポートなどもあり、大手ならではインフラ環境がウリです。PHPと合わせてjQueryもマスターできる、PHP/Laravelとフロントエンドコースがおすすめです。

オンラインスクールのデメリット

孤独になりがちなサイト制作も、優しいメンターがそばにいてくれれば凄い楽しそうですが、もちろんデメリットもあります。お金がかかるという点です。ひたすらググって、本を読んでよりは確実にコストがかかってしまいます。とはいえ、多少の余裕があるなら、こんなご時世なので時間と労力を買った方が良いと思います。