アクセスレポート

dtn.jpが当時借りていたレンタルサーバにはUrchinが設定されていました。Urchinとは現在のGoogle Analyticsの元となったプログラムで、後にGoogleが会社ごと買収してUrchinの技術を元にAnalyticsを無料公開したこともあり、Urchinは製品として終息することとなりました。

当時公開していたUrchinレポート

Urchinデータを2008年末から「dtnアクセスレポート」として公開しておりました。Urchinデータは夜間にログローテートを行うことで日次データを生成しているようでしたが、そのためにはapacheのリブートが必要だったりしました。

このため、サーバ障害があったりした場合、このログローテートがうまく動かずに歯抜けデータが生成されるといったことがまれに発生していました。また、サーバ管理側でライセンス切れとなった、なんて事態も発生したりしておりました。今思えばサーバ管理側も酷い状況だったかもしれません。

access_report_ng.png
歯抜けとなったログデータ

復旧された歯抜けログデータ

先月(2009年3月)も数日間データが取得できていなかった日があったはずですが、先ほど見たら、それがきっちり直っておりました。

access_report_03_perfect.png
歯抜けログだったものが修正されていました

おわりに

サーバー屋が生ログを解析データにまとめ直してくれたようです。サーバー移転して以降、完全な月間解析データを見たのは初めてでしたので少々嬉しくなりました。

追記:

今見直すと、当時は1500セッション/日程度はあったようです。当時はまだ画像掲示板すら制作していなかったので、ディレクトリ型検索エンジン自体に相当ニーズがあったということがよくわかります。現状では全サイトを足してもこの半分程度なので寂しい限りです。

PHPが学べるおすすめプログラミングスクール

この運営ブログをみて、もしdtn.jp管理人のようにサイトをゼロから作ってみたいという思いに駆られた方は、サイト開発やプログラミングをオンラインで受講できるプログラミングスクールの活用をしてみてはいかがでしょうか。サーバ/WordPress/HTML/CSS/JS/PHP/SQLなどの基本さえ分かれば、ゼロからサイト立ち上げもポンポンできるようになって、今なら仕事や転職にも役立つのでオススメです。

PHPも学べるオンラインスクール

  • CodeCampAWS Cloud9を使ったクラウド上のIDEが用意されているので、ネットにつながればスタート開始可能というゴージャスなスクールです。講師も選べて、Webマスターコースならプログラミング経験0でも一気にフロントエンドからバックエンドまでマスターできます。
  • ウェブカツJava言語やRuby言語なんぞ教えん!という、初心者にありがちな挫折ポイントがよく分かってるスクールです。フロントエンドエンジニアに必要なスキルセット&PHPがマスターできます。
  • フリークス HTML/CSSから始まり、MySQLやLinuxからPHPの変数や分岐やループ、クラスやPDOに最後はMVCまで教えてくれるので、そこまで分かればなんでもできそうです。メンターに質問もし放題がいいですね。
  • テックアカデミー法人のIT研修もやってる業界最大手・受講者数No.1のスクールです。メンターとの定期オンライン面談やチャットサポートなどもあり、大手ならではインフラ環境がウリです。PHPと合わせてjQueryもマスターできる、PHP/Laravelとフロントエンドコースがおすすめです。

オンラインスクールのデメリット

孤独になりがちなサイト制作も、優しいメンターがそばにいてくれれば凄い楽しそうですが、もちろんデメリットもあります。お金がかかるという点です。ひたすらググって、本を読んでよりは確実にコストがかかってしまいます。とはいえ、多少の余裕があるなら、こんなご時世なので時間と労力を買った方が良いと思います。