Yahooカテゴリの登録URL

dtn.jpドメインを取得したのは2002年の夏頃でしたが、それ以降、dtn.jpはwww無しの「http://dtn.jp/」でサイトを続けてきました。

www無しでやっていた理由

ドメイン取得時は携帯サイトを作ろうと思っていたので、なるべく短いURLの方が良いだろうと、空いていた3文字ドメインdtn.jpを取得し、携帯で手打ちするなら文字列もできるだけ少ない方が良いだろうとwww無しに統一してからスタートをしておりました。

それが、まさか数年たってPCメインのディレクトリ型検索エンジンになるとは、個人ドメインなんてものは思いも付かない道を辿っていくものだとつくつく思いました。人生と一緒ですね。

それだけ思いつきでサイト制作を続けているという証拠なのかもしれませんが。。

Yahooカテゴリ登録URLにはwwwが付く

昨年にYahoo Japanのカテゴリに登録された時のURLはwww付きの「http://www.dtn.jp/」となっておりました。Yahooのカテゴリに登録されることなんて無いと思っていたので、それまで考えたこともありませんでしたが、Yahooカテゴリに登録されるURLはwww付きになるということのようです。

検索評価はwww無しにある

カテゴリに登録されたところまでは良かったのですが、それからというものYahooの検索結果がおかしなことになってしまいました。検索評価はwww無しにあるものの、Yahooの中ではwww付きURLにカテゴリ登録サイトという大きなプラス評価が付き、掲載カテゴリへのリンクまで表示されることになるからです。

www無し運営サイトをYahooカテゴリに登録された方は同じように悩んでいたと思います。下記のようなブログ記事も残されておりました。

実のところ、編集人は.htaccessにmod_rewriteを設定し、www在りでアクセスしてもwww無しにリダイレクトしている。
ということは、「http://www.bingoall.net/google/」というURLでアクセスできるページは、この世のどこにも存在していないのである。
編集人は何度もYahoo! JAPANに登録URLの書き換えを依頼してきた。が、その都度シカトされ続けて今日に至っている。

ヤフーの困った現象 – カテゴリ登録サイト残酷物語

www無し/付きの不整合を解決する

この現象が日々気になって気になってしょうがなかったものの、上記ブログ記事にもあるように、Yahooに登録改善を依頼してもだめでしょうし、最悪カテゴリから削除をされてしまうといったことがあったら最悪ですので、思いきってサイトのURLをwww付きに変えてしまうことにしました。

オンコードのURLを修正

www無しをwww付きに変更するため、少し前からプログラムやテンプレートの修正作業に着手しておりました。

細かいリンク先やら、PHPのプログラムの修正作業に恐ろしく手間がかかりましたが、なんとか無事サイトが動作するまでに復旧させることが出来ました。途中でアクセスして下さった方々にはご迷惑をお掛け致しました。

おわりに

5年近くを続けたwww無しからwww付きに変更して、どれだけアクセス数が減ったり、検索評価が変化するかは分かりませんが、この問題でお悩みの方の人柱となるべく、結果はこのブログでご紹介していこうと思ってます。お楽しみにどうぞ。

最後になりますが、もし当サイトに張っていただいているお持ちのサイトのリンクURLがwww無しのURLになっていましたら、大変!大変!お手数をお掛け致しますが、www付きのhttp://www.dtn.jp/ に変更して頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

ABOUT dtn.jp

この運営ブログをみてdtn.jpの運営サイトに興味をお持ちになった方は下記のリンク集からサイトをご参照ください。PHP・SQL・JS・HTML・CSSや様々なAPIでゼロから立ち上げたサイトを複数運営しています。

dtn.jp関連サイト

  • ディレクトリ型検索エンジンdtn大手サイトは全てサービスを終了し、中小でも運営を継続するところがほとんどなくなってしまったディレクトリ型検索エンジンを2002年から細々運営しており、未だに細かい機能改修も行っております。申請されたサイトは実際に訪問して細かく確認をしているので登録までかなりお時間いただきます。
  • 猫ネコサーチエンジン猫・ペットサイト専用のディレクトリ型検索エンジンです。登録サイトはサイトのスクリーンショット付きでカテゴリに掲載しています。
  • 画像掲示板の泉画像やYouTubeやニコニコ動画が貼り付け可能な匿名画像掲示板です。27ジャンルに分かれた掲示板に、それぞれ100スレッドまで立てることが可能です。
  • ツイータンTwitter APIを使って10分おきに収集したTwitter(ツイッター)のトレンドワードや人気ハッシュタグデータを月別に集計してランキング形式で公開しています。
  • Keyword Tool++Yahoo APIや楽天サイトのデータを日次で収集したデータを元に、EC系キーワードをラインキング形式でご紹介しています。各ワードは検索ボリュームや関連語、24か月の検索ボリュームトレンドを確認も可能です。
  • 消費者金融の泉カードローン商品を取り扱う金融業者を一覧で比較可能としたサイトです。カテゴリ別、人気度別、限度額別、金利別に比較可能なサイトにしています。
  • TrendinGファッションモールに出店するブランドをアイテムヒット率でランキングとしたサイトです。まだβ版です。

各サイトの開発方法などについて

各サイトの開発方法や運用トラブルについては、当ブログで不定期にご紹介しています。Twitterで新着記事のお知らせもしています。宜しければフォロー下さい。