HTTPリダイレクト

HTTPのリダイレクトには301リダイレクトと、302リダイレクトがあります。HTTPのステータスコードの詳細についてはリンク先のページでご確認下さい。

HTTPヘッダにあるHTTPステータスコードにてリダイレクトの種類を伝え、Location:ヘッダで移動先を伝える。種類には301 Moved Permanently(恒久的な移転)や302 Found(発見)などがある。Webサーバの設定ファイル(Apacheの場合、httpd.confファイルや.htaccessファイル)や、CGIなどで指定できる。

リダイレクト(HTTP)- Wiki

ステータスコード301はMoved Permanentlyということで永久的な移転となり、302(307)はTemporary Redirectということで一時的な移転となるようです。

ランキングプログラムからの転送

dtn.jpではカテゴリ登録サイト向けのクリックランキング、アクセスランキングを実施していますが、ランキングカウント用のPHPでは$_GET、$_POSTのデータからリンクIDを抜き出し、ランキングカウントテーブルに反映させた後、登録サイトのURLにリダイレクトをしておりました。

ところが、ステータスコードを指定しないリダイレクトは302(307)と認識されてしまい、SEO的にはあまり良くないということのようでした。

プログラムからのリダイレクトも301に

そこで、プログラムからのheader()リダイレクトもステータスコードを入れるようにしておきました。

header("HTTP/1.1 301 Moved Permanently");
header("Location: $LINK");

お持ちのサイトでリダイレクトを設定されている方がいらっしゃいましたら、ステータスコードにもぜひご注意下さい。

PHPが学べるおすすめプログラミングスクール

この運営ブログをみて、もしdtn.jp管理人のようにサイトをゼロから作ってみたいという思いに駆られた方は、サイト開発やプログラミングをオンラインで受講できるプログラミングスクールの活用をしてみてはいかがでしょうか。サーバ/WordPress/HTML/CSS/JS/PHP/SQLなどの基本さえ分かれば、ゼロからサイト立ち上げもポンポンできるようになって、今なら仕事や転職にも役立つのでオススメです。

PHPも学べるオンラインスクール

  • CodeCampAWS Cloud9を使ったクラウド上のIDEが用意されているので、ネットにつながればスタート開始可能というゴージャスなスクールです。講師も選べて、Webマスターコースならプログラミング経験0でも一気にフロントエンドからバックエンドまでマスターできます。
  • ウェブカツJava言語やRuby言語なんぞ教えん!という、初心者にありがちな挫折ポイントがよく分かってるスクールです。フロントエンドエンジニアに必要なスキルセット&PHPがマスターできます。
  • フリークス HTML/CSSから始まり、MySQLやLinuxからPHPの変数や分岐やループ、クラスやPDOに最後はMVCまで教えてくれるので、そこまで分かればなんでもできそうです。メンターに質問もし放題がいいですね。
  • テックアカデミー法人のIT研修もやってる業界最大手・受講者数No.1のスクールです。メンターとの定期オンライン面談やチャットサポートなどもあり、大手ならではインフラ環境がウリです。PHPと合わせてjQueryもマスターできる、PHP/Laravelとフロントエンドコースがおすすめです。

オンラインスクールのデメリット

孤独になりがちなサイト制作も、優しいメンターがそばにいてくれれば凄い楽しそうですが、もちろんデメリットもあります。お金がかかるという点です。ひたすらググって、本を読んでよりは確実にコストがかかってしまいます。とはいえ、多少の余裕があるなら、こんなご時世なので時間と労力を買った方が良いと思います。