Windows7のサポート終了

Microsoft Windows 7のサポート終了が2020年1月14日に迫り、遂にサポート終了のお知らせ画面が端末にも表示され始めるようになったようです。

表示されたポップアップ画面

Windows XPの時にはalert(アラート)が出たり、タスクトレイあたりに通知バルーンが出ていた程度だった気がしましたが、今回は結構大きいこのポップアップ画面が中央にドーンと表示されておりました。

windows7のサポートは2020年1月まで

タスクスケジューラにも設定が

しかも、ウインドウを閉じても再度表示されるよう、タスクスケジューラに設定まで入っているらしく、見たら本当にタスクスケジューラに毎日12:00にキックするよう設定が入っていました。「End Of Support」なんて名前が付けられていて、ますます嫌な感じです。

End Of Support……

進まぬWindows10更新

マイクロソフトのサポートが切れてセキュリティ更新プログラムが提供されなくなると、ここを狙った新種のランサムウェアやマルウェアの感染リスクが増えるということは想像できますが、そう簡単にWindows10に変えられないという課題を抱えたままの会社にとっては、なんとも悲しい感じのお知らせ画面でした。

Windows10入替だけであれば、爆安品や中古品でも入れてしまえば良いでしょうが、稼働中のシステムが対応するクライアントはWindows7の32ビットまで。なんてシステムを山ほど抱えている企業にとって、システム自体をWindows10対応させるだけでも3桁~4桁万円の見積がでる状況をどう考えれば良いのやら。

おわりに

今回は無料でWin10へのアップデートも気前よくしてくれていたので、このタイミングでまだそんなこと言ってる方がダメダメでしょうが。